むこうがおかクリニック

044-934-3217
トップ > 肌トラブル理論治療

肌トラブル理論治療

肌の老化理論治療  敢えて内科医が考える肌のホームケア
(シミ・肝斑・そばかす/しわ・たるみ/クマ・くすみ・毛穴トラブル)

「加齢」と「老化」の違い
「加齢」と「老化」の違い

「年を取れば、誰でも老化する」
そんなふうに「加齢」と「老化」をイコールで考えてはいませんか?
しかし、この二つは別々のものなのです。
「加齢」は誕生から、どれだけの時間が経ったかを示すものです。同じ年の同じ日に生まれた二人は、40年後、共に40歳になっています。
一方、「老化」とは、大人になって以降、加齢に伴い、カラダの機能が衰えていくことです。
みなさまは「加齢に伴って老化するのだから、加齢も老化も結果は同じ」とお思いでしょうか?しかし同期の人や、同窓会で久しぶりに会う同級生を見ても、「老けたな」と思う人もいれば、「若々しいな」と感じる人もいます。
つまり、加齢は平等ですが、老化には個人差があるのです。持って生まれたものも多少はありますが、双子のように遺伝要因が同じ二人でも、その後の生活習慣や環境によって、老化に大きな差が出ます。それはいったい、なぜなのでしょう?
老化の原因にその謎が隠れています。

人体に欠かせない酸素が、実は老化の原因!?

ヒトは酸素なしでは生きられません。大気中に含まれる21%程度の酸素が人の命綱です。酸素の割合が18%を切ると、もう酸欠で息苦しくなります。
呼吸によって体内に取り込まれた酸素は、肺から血液に乗って、カラダの隅々にまで送り込まれ、それぞれの場所でエネルギーを作り、体温を上げたり、筋肉を動かします。このエネルギーを作る際に、副産物として生まれるのが「活性酸素」です。活性酸素に変わるのは、酸素のうちのわずか数%ですが、これが体に大きな問題をもたらします。
活性酸素は酸化力が非常に強いことが特徴で、さまざまなものを酸化させます。切ったリンゴが空気に触れると変色するように、人のカラダも酸化して、サビてしまいます。

人体に欠かせない酸素が、実は老化の原因!?
老化の素、活性酸素を増やす現代生活

現代生活には活性酸素を増やす要因がたくさんあります。
代表的なものが紫外線です。オゾン層の破壊などにより、紫外線は年々強まっています。ダイオキシン排気ガスなどの大気汚染も活性酸素の発生を増やします。放射線も同様です。
老化に個人差が出るのは、活性酸素の増え方が人によって違うからですが、それには日常の生活習慣の差が関わっています。
まずストレス。現代生活においてストレスと無縁でいることはできませんが、社会的な役割の違いや、生活スタイル、人間関係などによって、ストレスの量は異なります。また、同じストレスにさらされても、それを感じやすい人と、あまり感じずにいられる人がいます。さらにストレスをうまく発散できる人と、できない人がいます。
また、タバコはさまざまな害が言われていますが、活性酸素を増やす要因としても大きいものです。他人が吸うタバコの煙による受動喫煙でも活性酸素が増えます。加えて老化防止に役立つビタミンCを壊してしまいます。
さらに、睡眠不足はことに問題です。多忙な日々を送る現代の日本人は、世界の中でも睡眠時間が短い国民といわれています。つまり睡眠時間と共に、若さを削ってしまっているのです。
しかし、人のカラダには活性酸素が増えすぎないように、活性酸素と戦う仕組みが用意されています。それが抗酸化力です。
活性酸素の発生を抑えたり、活性酸素の酸化力を抑えたり、活性酸素によって受けた被害を修復したり……抗酸化力はさまざまなやりかたで、活性酸素による酸化のダメージを防いでいます。

40歳から抗酸化力は一気に減少します
「加齢」と「老化」の違い

カラダには、抗酸化作用を持ち、活性酸素を抑え込んで、老化を防止してくれる抗酸化酵素を作る仕組みがあります。しかし、抗酸化酵素を作り出す力のピークは20歳代。そこからジワジワと低下していき、40歳を過ぎた頃から、急激に減少していきます。それまではたとえ活性酸素が作られても、それを抑え込めていたのが、40歳を過ぎたあたりから、活性酸素の力が、抗酸化力を上回り、老化が進み始めます。

肌に穏やかな抗酸化が大切

シミやシワなどの悩みがない、きれいで若々しい肌をずっと保ちたい。
そう願う全ての女性にぜひ、こころにとめて頂きたいキーワードがあります。
それは、「穏やかで肌にやさしい抗酸化」
それは、肌や体の中にある細胞や組織を傷つけて、さまざまなトラブルを引き起こす活性酸素の働きをやさしく抑える作用のことをいいます。美肌を保つためには、やさしい抗酸化作用のある成分を含むコスメで毎日スキンケアをすることが欠かせません。
では、昔ながらの内服療法の効果はどうでしょうか?
一般的には、トラネキサム酸とビタミンCの内服が行われます。
飲み続けることにより効果よりこれ以上悪化しないことを目的としますが、小腸から吸収されるビタミンCはごくわずかで、トラネキサム酸とビタミンCの内服ではほとんど効果は望めません。
そこで効果を発揮するのが、長年私が探し求めたフツーでない「スーパービタミンC」コスメ「スーパー美白点滴」です。
スーパービタミンCとは、もともとその作用が強力すぎることがあだとなり、紫外線に打ち克つつもりが、逆に紫外線と一緒になって肌をイジメるビタミンCラジカルとなってしまうフツーのビタミンCを、肌に対してより安全かつ有効、そして持続的に届く形(ビタミンC誘導体、プロビタミンCともいいます)にしたもの。
すなわち肌のためのスペシャルなビタミンCです。

シミ・肝斑・そばかす 理論治療
スーパービタミンCの優れた美白効果

シミ・肝斑・そばかす・炎症後色素沈着はいずれもシミと総称されます。
シミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものです。シミ・肝斑・そばかす紫外線を浴び続けることでできる「日光黒子(老人性色素斑)」がもっとも一般的ですが、子供の頃からみられるソバカスや、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」というシミもあります。
肝斑とは、頬や額、鼻の下などに左右対称に、ほぼ同じ形・大きさでできる薄茶色のしみのことです。肝斑は、妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけに生じることがあるため、女性ホルモンとの関係性が指摘されています。また、精神的なストレスによってホルモンバランスがくずれることが影響する場合もあるほか、過度のマッサージなどの物理的な刺激でも悪化することがあるようです。

紫外線を浴びるとシミができるのはなぜでしょう?

「ターンオーバー模式図」をご覧ください。紫外線の影響とシミ・肝斑が増殖するメカニズムをイラストにしました。

シミの仕組み

紫外線を浴びると、肌の内部のメラノサイト(メラニンを作る細胞で色素細胞ともいいます)でメラニンがたくさん作られます。メラニンと聞くと「シミのもとになる悪者」というイメージがあるかもしれませんが、もともとは紫外線を吸収し、細胞をダメージから保護する働きを持っています。そのメラニンがケラチノサイト(表皮ではがれ落ちる細胞で角化細胞ともいいます)に配送され、分解されないと肌が黒く日焼けした状態になります。

ターンオーバー模式図

日焼けして黒くなった肌は、日光に当たらなければ、通常は数週間で元の肌色に戻ります。
肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)によって、表皮のメラニンが肌の内部から肌表面へと押し出されて、垢とともに自然にはがれ落ちていくためです。
しかし、大量の日光を浴びたり、日光によるダメージが長期間にわたって肌内部に蓄積したりすると、局部的にメラニンが過剰に作り続けられるようになります。
肌の一部では、日光のダメージにより炎症が発生し、炎症が治った後でも炎症後色素沈着と呼ばれるシミが残ります。

肌を健やかにするにはどうすればよいかというと、
① 紫外線など、強力な酸化物質から守る、触れないこと
メラニンを生成させないこと
メラニンを分解すること
④ シミの原因であるメラニンを早く排泄すること
コラーゲン生成を促進し、肌の肌理(きめ)を整えることにつきると思われます。

シミを作らせないスーパービタミンC

スーパービタミンCは、メラニンが作られる過程のさまざまな段階に作用し、メラニンが過剰に作られるのを防ぎ、メラニンの輸送を防止、分解を促進します。
まず、紫外線によって肌内部に発生する活性酸素を、スーパービタミンCがもつ抗酸化作用で消去、ケラチノサイトへの刺激を抑えます。それによりケラチノサイトからメラノサイトへ送られる「メラニン生成信号」そのものの発生を抑制します。さらにメラノサイトでチロシンからメラニンが生成される過程をブロックします。
このようにごく初期からメラニンの発生を防ぐと同時に、メラニンの過剰産生を抑制する働きがスーパービタミンCにはあるのです。
スーパービタミンCは美白を目指す肌にとって強い味方であることがご理解頂けたかと思います。
そして、そのスーパービタミンCの中でも万能タイプのGO-VC®にはさらにいくつかの優れた効果があります。

スーパービタミンCの多様な効果
GO-VC®がもつメラニン輸送抑制効果

スーパービタミンCは、メラニンを輸送する「ミオシンVa」というたんぱく質を阻害することで色素細胞の中のメラニン色素を、細胞の奥深くに短時間に凝集できるため、肌の透明度が10%以上も明るくするというすごい効果があります。

GO-VC®がもつ“オートファジー効果”

GO-VC®には、メラノサイトで産生された余剰のメラニン色素を、メラノサイトやケラチノサイトにおいてオートファジーに分解するシステムを活性化されます。
オートファジーとは、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つで、自食(じしょく)ともいいます。細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除したりする細胞内リサイクルシステムで発見者のクリスチャン・ド・デューブや大隅良典はその発見でノーベル賞を受賞されました。
GO-VC®は細胞内のメラノサイトやケラチノサイトのオートファジーを活性化することでターンオーバーによって排出される前に他の有用なたんぱく質に変換、再利用してくれます。
このようにGO-VC®はメラニン生成を抑制するだけでなく、輸送過程をも抑制することで、より強力にメラニンを分解するのです。

GO-VC®がもつさらなる効果
  • ① GO-VC®肌のハリや弾力に重要な「フィブロブラスト(線維芽細胞)」やケラチノサイトの増殖を促進
  • ② 細胞外マトリックスといわれる細胞増殖に必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを増生
  • ③ 皮膚の保湿に重要なセラミドやタイトジャンクションといわれる水分の蒸発を防ぐたんぱく質やアポクリン細胞に水分を補給するたんぱく質の遺伝子を活性化する

まさにGO-VC®はスーパービタミンCのなかのスーパービタミンCなのです。

スーパービタミンCよるシミ・肝斑を防ぐホームケアやスーパー美白点滴についてはこちらをご覧ください

しわ・たるみ 理論治療
真皮にも浸透するスーパービタミンCが肌老けを防ぎます

しわ・たるみ

実際の年齢より老けて見えてしまう原因のひとつが、深いシワやたるみ。その大きな原因は、肌にハリや弾力をもたらす真皮の働きが衰えることにあります。
こうした真皮の老化を防ぐ作用を持つのがスーパービタミンCです。
真皮の約7割を占めるコラーゲンの生成を促進し、シワやたるみを防ぎます。
とくに肌の老化予防の強い味方となってくれるのが、浸透性が高く、真皮にも働く万能タイプのGOVCです。シワやたるみが発生するメカニズムとともに、スーパービタミンCの主な働きについて説明します。
すこし難解なお話しですが、皆さまが今後肌のために何をすべきか、何を使うべきか、当院以外でもさまざまな施術やコスメをご使用になる際の大切なヒントとなるはずですので、是非ご一読ください。

ピチピチ若々しい肌は真皮から生まれます

真皮の中では、たんぱく質でできたコラーゲンの繊維が束になり、網目状にブリッジ構造を形成しています。(「肌のハリは真皮の構造が支えている」イラスト参照)。このコラーゲンの繊維とともに真皮に存在するのがエラスチンと呼ばれる弾力のある繊維です。コラーゲンとエラスチンが絡み合うことで、線維芽細胞が増殖できます。線維芽細胞の間を埋めるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などのグリコサミノグリカンと呼ばれるゼリー状の物質がクッションのような働きをして、肌にハリや弾力をもたらします。このコラーゲンやグリコサミノグリカンなどを総称して「細胞外マトリックス」と呼びます。
コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は、真皮のところどころにある線維芽細胞によって作り出されます。さらに線維芽細胞は自ら細胞分裂をして新しい細胞を生み出すなど、古くなったコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を分解する働きをもっています。ピチピチしたハリのある肌は、こうした真皮のさまざまな働きによって保たれているのです。
スーパービタミンCはこれらの線維芽細胞と、細胞外マトリックスを増加せる重要な働きをしています。 肌のハリは真皮の構造が支えている

紫外線によるダメージで真皮のコラーゲンが破壊されます

では、どうして真皮の働きが衰え、シワやたるみが目立つようになってしまうのでしょうか?
その大きな原因のひとつは加齢です。年齢とともに線維芽細胞が減り、その働きが低下していくことでコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを十分に生み出すことができなくなり、ハリや弾力が失われていくのです。
加齢はだれも避けることができませんが、もうひとつ、重要な原因となるのが、紫外線です。強い紫外線を大量に浴びることがシミやそばかすの原因になることはすでにご説明したとおりですが、シワやたるみを引き起こす要因でもあるのです。紫外線を浴びると、肌の内部に活性酸素が発生します。活性酸素によって細胞に炎症が生じることで、コラーゲンを分解し、切断する酵素が作り出されます。この酵素はコラーゲンを断ち切るだけでなく、細胞分裂をストップさせ、肌の組織を死滅させる力をもっています。こうしたダメージがどんどん真皮に蓄積して、シワやたるみとなって現れてくるのです。
さらに、深いシワの原因として最近注目されているのが、加齢に伴う細胞の巨大化です。年齢とともに細胞分裂の回数が増えるに従って、線維芽細胞や角化細胞のサイズは大きくふやけたようになります。
多くの細胞のサイズが大きくなれば、当然それらから構成される皮膚はだぶつき、深いシワの原因となります。 真皮がダメージを受けると、たるみやシワの原因に

スーパービタミンCよるシワ・タルミを防ぐホームケアやスーパー美白点滴についてはこちらをご覧ください

クマ・くすみ 理論治療
スーパービタミンCで透明感のある明るい肌に

クマの語源
クマ・くすみ

クマは隈(くま)とも書き、「隈」は、道や川の曲がっていりくんだ所や、そのような所にできる物影をいう言葉です。そこから、「クマ(隈)」は濃い色と薄い色・光と陰の境界部分や、濃い色や陰の部分も表すようになり、目の下が窪んで見える状態もクマと呼ぶようになったと言われます。
年齢にかかわらず、疲れて老けた印象に見えやすいのが目の周りのクマや肌のくすみ
クマもくすみもいつくかの種類があり、原因も異なり、その原因によって対策の仕方が変わってきます。
まずはクマのタイプと原因からお話しします。

ご自分のクマのタイプをチェック!
  原因 自己診断方法 対策  
青クマ 疲れや睡眠不足、ストレス、冷え、眼精疲労などによるうっ血が原因 クマを押して一時的に血管を補足すると色が薄くなる ホットタオルをまぶたにのせて温めることが効果的  
茶クマ 紫外線や擦り刺激、かぶれなどによる炎症後色素沈着が原因 クマを押して血管を押しても色が変わらない スーパービタミンC(GO-VC®による抗炎症作用による予防・改善が有効 通年のスーパービタミンC配合のAP30クリアプロテクトによる紫外線対策、クレンジング・洗顔の際にゴシゴシ洗わないこと
黒クマ 紫外線や加齢により目の下の皮膚がくぼみ、影ができることが原因   スーパービタミンC(GO-VC®による抗炎症効果が有効 通年の紫外線対策と加齢対策
くすみのタイプと原因をチェック!

肌のくすみには、肌の表面と内部、それぞれの変化による2つの原因があります。

  原因や病変部位 メカニズム 対策
角質くすみ 肌表面のターンオーバーの乱れが原因 乾燥肌やピーリングのやりすぎでツルツルした肌は角層が正常にはがれていないおそれが多く、肌表面の光の反射が不均一であるため肌がくすんで見える しっかり保湿ケアを行うことが予防や改善に必要。
特にスーパービタミンC(GO-VC®が有効。スーパービタミンCで肌をしっかり整える
青ぐすみ 肌表面のターンオーバーの乱れが原因 肌の内部で血管が局所的にうっ血を起こし、膨張した血管の輪郭や影が肌に投影されることで青クマと同様だが、肌の外側からは青いくすみに見える マッサージなどで血行を促進。
ホットタオルやスチームも一時的には有効だが、毎日の入浴や全身の血流をアップする習慣が大切
茶ぐすみ 肌内部のメラニン色素が原因 紫外線によるわずかな色素沈着や、洗顔のし過ぎによる炎症後色素沈着 スーパービタミンC(GO-VC®やAPクリアプロテクトで紫外線対策。
スーパービタミンC配合のAPクレンジングAP5フェイスフォームでの洗顔が有効
食物ぐすみ 黄色の柑橘系の果物、ニンジン、カボチャの食べ過ぎ 食物に含まれるカロチノイド系色素が肌に移行するため。別名「柑皮症」  
加齢ぐすみ 加齢による皮膚の黄色化 皮膚のアミノ酸やたんぱく質が酸化されてカルボニル化という変性を起こして黄変するため 特にスーパービタミンC(GO-VC®が有効。スーパービタミンCで肌をしっかり整える

スーパービタミンCは全てのくすみに効果がありますが、とくに力を発揮するのは、角質ぐすみと加齢ぐすみです。
その理由は、スーパービタミンCには角化細胞の増殖を促し①ターンオーバーを健全化するだけでなく、②メラニンを作らせない・③拡散させない・④分解するという4つの働きがあるためです。
スーパービタミンC配合のコスメGO-VC®でスキンケアや紫外線対策などのケアをきちんと行うことで、肌に充分なビタミンCを供給し続けることが大切です。
GO-VC®配合コスメを使った人の多くが「一晩で肌のくすみが改善した」という体験をされているようです。この理由には、最近発見されたスーパービタミンの特殊な効果が大きい可能性があります。
特に、スーパービタミンCには、メラニンを輸送する「ミオシンVa」というたんぱく質を阻害することで色素細胞の中のメラニン色素を、細胞の奥深くに短時間に凝集できるため、肌の透明度が10%以上も明るくするというすごい効果があります。

スーパービタミンCよるクマ・くすみを防ぐホームケアやスーパー美白点滴についてはこちらをご覧ください

肌荒れ・乾燥 理論治療
スーパービタミンCが乾燥による肌トラブルを改善

肌が乾燥する、目や口のまわりに小ジワが目立ったり、粉が吹くほど乾燥したりすることがある…。このような乾燥肌は、皮脂も肌内部の水分も不足した状態です。
スーパービタミンには皮脂分泌を抑える作用があるため、選び方や使い方を間違えると、さらに乾燥してしまうおそれもあります。
しかし、油性成分や保湿成分が含まれる「万能タイプ」のGO-VC®スーパービタミンCなら、乾燥肌のトラブルをしっとり整えるさまざまな効果が期待できます。

外部刺激から肌を守り、潤いを保つ「バリア機能」

「私は乾燥肌体質だから…」と思われてはいないでしょうか?
持って生まれた「乾燥肌」体質などはあり得ないのです。
肌の乾燥や肌荒れが起きる原因には肌の「バリア機能」異常が深く関係しています。
当院ではアトピー患者さまを診ておりますが、アトピーの方もフィラグリン異常という原因はあるにせよ、やはり「バリア機能異常」が乾燥の原因です。
バリア機能とは、表皮の一番外側にある角層に備わっている働きのことです。バリア機能が正常に働くことで、肌内部の水分が保たれて蒸散しにくくなります。また、肌の外側から細菌やアレルゲンなどの異物が侵入するのをブロックし、刺激から肌を守る役割も担っています。
反対にバリア機能が働かなくなると、肌内部の水分がどんどん蒸散して乾燥が進むことになります。さらに外部からの刺激によって肌内部に炎症が起こり、肌が過敏な状態になるなど、肌荒れが生じやすくなるのです。

肌状態が悪い時
角質細胞同士がしっかり埋まっていることが大事

バリア機能は肌の中がどのような状態のときに正常に機能するのでしょうか?
外見では単なる1枚の皮のように見える肌ですが、「シミ・肝斑」の項の「ターンオーバー模式図」の通り、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造に別れています。
「表皮」は平均0.2mm程度の薄さながら、下から「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角層」の4層構造となっています。
この表皮の4層構造のなかで重要なバリア機能が存在しているのは、表皮の一番外側にある角層です。角層の厚さはわずか0.01~0.02mm程度ですが、この中に10~20層もの死んで角質化した角層細胞が積層しています。皮膚科学では、この積層構造をよく「レンガ」に例えます。
レンガが隙間なくきちんと積み重なっていれば、外からの異物は侵入できません。
このレンガを密着させるためには、建築に使われるモルタルのような接着剤が必要です。角層内では、セラミド・コレステロール・脂肪酸および水分子からなる混合物がラメラ構造という水と脂質の多層構造を作ることにより、レンガをつなぐハイブリッドなモルタルの役目をしています。
レンガ自体もフィラグリンから作られる「NMF(天然保湿因子)」という保湿成分を蓄えていますが、モルタルとレンガ、さらにそれらを構成する分子による精巧なメカニズムなしには、高い皮膚の保湿機能を発揮することはできません。

肌状態が正常な時
GO-VC®がセラミド生成のスイッチを入れる!
スーパービタミンCの多様な効果

万能タイプのGO-VC®は、重要な角層内の“ハイブリッドモルタル”である細胞間脂質を正常に保つための“スイッチ”を沢山もっています。
そのスイッチのなかで最も重要なものが細胞間脂質の主成分であるセラミドを作るスイッチです。先に述べたセラミド・コレステロール・脂肪酸および水分子のうち、約半分をセラミドが占めています。
そのため、セラミドが十分に作られず不足してしまうとバリア機能が低下して肌の乾燥や肌荒れが生じやすくなるのはもちろん、アトピー性皮膚炎などの要因となる場合もあります。
よく「子供のときはアトピー性皮膚炎ではなかったのに、最近アトピー性皮膚炎と診断された。皮膚科に通ってステロイド軟膏をもらっても全然よくならない」という方が来院されますが、大人のアトピー性皮膚炎はまさしくこの状態なので、バリア機能を正常化しない限り、ステロイドとさほど効果がないヒルドイド軟膏を塗り続けることとなります。
また「セラミドが豊富なコスメを使っているのに全然よくならない」というお話しも聞きますが、残念ながらコスメに含まれる一般的なセラミドは角層に阻まれ表皮内部には到達しません。

ヒルドイド軟膏の副作用  長期連用は危険です!
発赤・かゆみ・皮膚炎・皮膚刺激感・紫斑・シミの発生
血管拡張作用による赤ら顔
顔などの皮膚の薄い部部に長期連用することによるテカリ顔
塗布分、特に顔のうぶ毛が濃くなる

このように保湿剤として健康保険で安く入手できるからとヒルドイド軟膏を長期連用することはお薦めできません。
皮膚科学会からもヒルドイドの安易な使用、民間医薬品として広告などで安易に販売促進されていることに対し、規制を求める動きがあります。

乾燥肌・敏感肌に最適なスーパービタミンCの選び方

バリア機能の保つためには、化粧水でたっぷり角層に潤いを与えることが大切ですが、スーパービタミンCなら何でもOKというわけではありません。

×スーパービタミンCを高濃度配合タイプのスーパービタミンC
×水溶性タイプのスーパービタミンC(コスメの表示にSAP、MAP、AA2Gなどの記載のあるもの)

これらの一般的なスーパービタミンCは、スーパービタミンCのもつ皮脂抑制効果が諸刃の刃となり、肌につっぱり感を与えたり、肌の乾燥がさらに進んでしまうという逆効果を生じてしまいます。

両親媒性スーパービタミンC  いいとこ取りのビタミンC
水にも脂にも溶けるので、全ての肌質になじみ、
ニキビ・シミ・シワ・たるみにも効果のある
最新の両親媒性スーパービタミンC!!

両親媒性スーパービタミンC
万能タイプの「GO-VC®

このように高濃度スーパービタミンCや水溶性スーパービタミンCは、皮脂抑制効果が強いため、乾燥肌や敏感肌の場合、肌につけたときにつっぱったり、乾燥肌が悪化することがあります。
こうした水溶性ビタミンCの弱点を補うべく、誕生した最新のスーパービタミンCが万能タイプの「GO-VC®」です。
具体的には

  • ① ビタミンCラジカルになりにくい構造体であることで、常に安定した状態で肌に浸透する
  • ② もともと水溶性でビタミンCは即効性の利点の反面、水に溶けて酸性になることで弱アルカリ性である肌とは相容れない側面があります。この構造の一部を変化させオイルをつけることで肌にやさしくなじみやすい脂溶性という性質を併せ持つことができるようになりました。

水と油の両方に親和性があるということから両親媒性といいます。
このように従来のビタミンCのデメリットを改良したのが、スーパービタミンCです。
ピュアビタミンCに比べ、肌への浸透性や安定性、持続性が高いうえ、シミやシワ、ニキビ、毛穴の詰まり、毛包周囲の色素沈着等にも効果があります。

スーパービタミンCよる乾燥・肌荒れを改善するホームケアやスーパー美白点滴についてはこちらをご覧ください

毛穴トラブル 理論治療
スーパービタミンCが毛穴問題を解決

年齢を問わず、多くの人の肌の悩みのひとつとなっているのが毛穴トラブルです。顔は毛穴の数が多く、しかも皮脂腺も体の他の部分に比べて大きいため、そもそも目立ちやすい傾向にあります。
毛穴の大きさは遺伝による男性ホルモンの分泌量が影響しているといわれ、個人差があるのは事実です。だからといって、「生まれつき毛穴が大きいのだからあきらめるしかない」などと思う必要はありません。スーパービタミンCを用いた適切なケアを行うことで肌の質感を整え、毛穴を目立たなくできます。
毛穴のトラブルの種類と主な原因には次の3つがあります。

毛穴の3大トラブルの特徴と原因

主な毛穴トラブルは次の3つがあります。

毛穴周囲の色素沈着1. 毛穴周囲の色素沈着
脂漏性皮膚炎やニキビなどで毛穴周囲に炎症が発生し、治った後に色素が沈着して毛穴周囲が黒ずむ。

原因
皮膚の過酸化減少によって毛穴周囲に炎症が発生、毛穴の周りに炎症後色素沈着が生じることで発生します。

毛穴の詰まり2. 毛穴の詰まり
小鼻のミゾや鼻梁付近に白いブツブツや黒いポツポツが目立っている状態。
オイリー肌やTゾーンがベタつきやすい混合肌の方にも見られます。

原因
皮脂腺由来の皮脂や、はがれた角質などが混ざり合い、毛穴に詰まることで白いブツブツした「角栓」ができます。その角栓が空気や紫外線で酸化し、黒いボツボツに変化します。

毛穴のタルミ3. 毛穴のタルミ
皮膚のタルミが原因で、頬の毛穴が大きくなったり、帯状になった状態。
乾燥肌に多く、中年以降から目立ち始めますが、早い人では20代後半から目立ちだすこともあります。

原因
コラーゲンなどが減少し、肌のハリや弾力が低下することで、たるんだ皮膚が毛穴の中に落ち込みます。

毛穴トラブルに最適なスーパービタミンCの選び方

毛穴の色素沈着や詰まり:角栓を除去し、過剰な皮脂分泌や酸化を抑え、肌表面をサラッと整える水溶性スーパービタミンCのSAP、MAPを配合したAP5-03ローションが最適です。
水溶性スーパービタミンCで肌にツッパリ感が出るようなら、ベタつかずにしっとりと潤う万能タイプのGO-VC®がお薦めです。

毛穴のタルミ:毛穴が目立つ理由として肌の乾燥があります。
スーパービタミンCには、角質細胞増殖作用に加え、さらに細胞外マトリックスの主要な構成要素であるコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促進する働きがありますが、乾燥を抑えることもできる万能タイプのGO-VC®がお薦めです。

  • ニキビ跡(クレーター)未治療

    【ニキビ跡(クレーター)未治療】

  • APPプラスEローションGO®プレミアム使用6か月後

    APPプラスEローションGO®プレミアム使用6か月後】
    ニキビ跡や毛穴が目立たなくなりました。
    お鼻の目立つ毛穴にも効果的です。

スーパービタミンCよる乾燥・肌荒れを改善するホームケアやスーパー美白点滴についてはこちらをご覧ください

スーパービタミンC(GO-VC®
フツーのピュアビタミンC
名前はよさそうだけど…???

効きそうな名前だが、
不安定で肌に浸透しにくい
ピュアビタミンC
ピュアビタミンC

スキンケア化粧品といえば、少なからず配合されるのが、ビタミンCです。
スキンケア化粧品に配合される「通常の」ビタミンCは、コスメ業界では100%純粋なビタミンCという意味で「ピュアビタミンC」と呼んでいます。
100%純粋な「ピュアビタミンC」と聞くとありがたい、よく効く気がしますが、実はこの「ピュアビタミンC」は、即効性が高い反面、水溶性のため壊れやすく不安定な形をしているため、そのままでは肌に浸透しにくく、効きにくいという弱点があります。
では高濃度にすればよいかというと、効果の反面、ビタミンCラジカル(プロオキシダント)となり、活性酸素のように逆に肌に悪影響を及ぼします。

実際、高濃度のフツーのビタミンCが配合されたローションや美容液などを塗って、夏場の強い直射日光に当たると、後で肌がひどく赤くなったり、腫れたりすることがあります。
これは、単に日焼けをしたからそうなった、ということではないのです。
なぜなら、上記のような理由で、フツーのピュアビタミンCを塗るとかえって、肌の炎症が悪化、シミやたるみの原因になるのです。
その原因として考えられるのが、上記のビタミンCラジカルの大量発生です。ビタミンCは鉄や銅などの金属と反応することで、“善玉”の抗酸化剤から“悪玉”の酸化剤へと豹変する作用が強まります。海水には鉄分が含まれているので、肌に塗ったビタミンCが海水と反応し、ビタミンCラジカルが発生すると考えられています。

ピュアビタミンC さらに強い紫外線を浴びると肌内部に大量の活性酸素が生じるため、ビタミンCラジカルの発生にますます拍車がかかります。その結果、肌内部の細胞や組織がダメージを受け、ひどい炎症となります。
そして、この炎症は、最終的にシワ・たるみ・くすみとなっていくのです。
こんな話を聞いたら、「じゃ、直射日光を浴びる日中は、ビタミンC配合の化粧品は使えないじゃないの?(怒)」と心配される方も多いはず。
そして、それは正解でもあり、間違い…でもあるのです。
事実、ここでお話しした通常の「ピュアビタミン」が高濃度で配合されたスキンケア剤は要注意です。
美肌のためには、いつでも、どんなとき(紫外線が強くても)でも使える化粧品で効果的なスキンケアを続けることができなくては意味がありませんよね。
そこでお薦めしたいのが、これからお話しする最新の「スーパービタミンC(両親媒性ビタミンC誘導体)」なのです。

水溶性スーパービタミンC

水に溶け、肌の真皮層まで浸透する
ニキビに最適な
水溶性スーパービタミンC!!
水溶性スーパービタミンC
水溶性タイプの「SAP」

こうしたビタミンCの弱点を補うべく、コスメ業界ではコスメに配合したときに安定した形に変化させ、さまざまな機能をもたせたビタミンC誘導体を開発してきましたが、それらを総称して「スーパービタミンC」と称しています。
水溶性ビタミンCの浸透しにくさと不安定さを改善すべく、構造の一部に水溶性のリン酸化合物マグネシウムや高い抗酸化力をもつ亜鉛をつけることで、ビタミンCラジカルになりにくい構造となり、よりいっそう肌への浸透性や安定性を高めることができるようになりました。

AP5-03ローション
AP5-03ローション 7,500円

このビタミンCをSAP(リン酸型ビタミンC)といい、皮脂の分泌を抑制する効果から、美容皮膚科ではニキビ治療薬の代表となっています。
SAPの構造のうち、リン酸基が肌に浸透するために重要な働きをしますが、肌に浸透した後は、そのリン酸基が外れないとビタミンCとしての効果が発揮されません。そのため、肌につけたあと、いつリン酸基が外れてくれるかが重要な問題となりますが、このSAPは、つけたあと1~6時間でリン酸基が外れてくれるため、基底層以下の真皮まで到達し、効果が即効かつ持続します。

水溶性スーパービタミンCは皮脂抑制効果が高くさっぱりしているため、オイリー肌や混合肌、ニキビのできやすい肌の方、毛穴の詰まりや色素沈着に最適です。

GO-VC®両親媒性スーパービタミンC

水にも脂にも溶けるので、全ての肌質になじみ、
ニキビ・シミ・シワ・たるみにも効果のある
最新の両親媒性スーパービタミンC!!

両親媒性スーパービタミンC
万能タイプの「GO-VC®

いうことなしの水溶性スーパービタミンCですが、皮脂抑制効果が強いため、乾燥肌や敏感肌の場水溶性合、肌につけたときにつっぱったり、乾燥肌が悪化することがあります。
こうしたビタミンCの弱点を補うべく、誕生した最新のスーパービタミンCが万能タイプの「GO-VC®」です。

具体的には

  • ① ビタミンCラジカルになりにくい構造体であることで、常に安定した状態で肌に浸透する
  • ② もともと水溶性でビタミンCは即効性の利点の反面、水に溶けて酸性になることで弱アルカリ性である肌とは相容れない側面があります。この構造の一部を変化させオイルをつけることで肌にやさしくなじみやすい脂溶性という性質を併せ持つことができるようになりました。

水と油の両方に親和性があるということから両親媒性といいます。
このように従来のビタミンCのデメリットを改良したのが、スーパービタミンCです。
ピュアビタミンCに比べ、肌への浸透性や安定性、持続性が高いうえ、シミやシワ、ニキビ、毛穴の詰まり、毛包周囲の色素沈着等にも効果があります。

AP5-03ローション
APPプラスEローション
GOプレミアム
8,500円

「活性酸素」がニキビやシミ・タルミを悪化させる要因ですが、この活性酸素を消去するうえで力を発揮するのが、やさしい抗酸化作用をもつスーパービタミンCです。さらにスーパービタミンCには皮脂の酸化を抑制する作用もあります。
また、過剰な皮脂分泌を抑えることで、アクネ菌の繁殖を防ぐ働きもあわせもちます。

さらに真皮のコラーゲン生成や細胞分裂を促進する作用があるため、ニキビ跡のケアにも効果が期待できます。
すなわち、「ニキビ治療後の肌の質感の改善が良好」であることは、皮膚科医の多くが経験するところです。
ニキビ治療に関しては、こちらをご覧ください。

ニキビ理論治療 スーパービタミンCの多様な効果

『高浸透性安定型ビタミンC誘導体GO-VC®』は以下の特長を併せ持つ、今までになかった全く新しいスーパービタミンCです。
1)グリセリンとアルコールの1種であるオクタノールが結合して高度に安定化したビタミンCです。
2)保湿剤グリセリンの結合により保湿効果がアップします。
3)オクタノールの抗菌作用によりアクネ菌を殺菌⇒アクネ菌が放出するリパーゼとポルフィリンの産生を抑制⇒ポルフィリンから発生する活性酸素を消去⇒ニキビ改善が期待できます。
4)皮膚の線維芽細胞の活性化による抗シワ効果を発揮します。
5)アルブチンを凌駕し、ハイドロキノンに近いメラニン産生抑制効果を有し、皮膚の色素沈着抑制効果があります。
6)赤味、毛穴、色素沈着、眼下のシワに対する改善効果があります。
 近年、様々なタイプが開発されているビタミンC誘導体ですが、そのなかでも群を抜いた期待の新星として今後ますます評価が高まるでしょう。

APPプラスEローションGOプレミアム100ml 8,500円(税込)

APPSTPNaに、新型両親媒性ビタミンC誘導体GO-VC®と光学活性セラミドを配合。
より高機能な肌ケアを実現します。

GOVC®APPプラスEローションGOプレミアム

有効成分
APPS:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na/両親媒性ビタミンC誘導体
TPNa:トコフェリルリン酸Na/水溶性ビタミンE誘導体
GO-VC®カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸/両親媒性ビタミンC誘導体
光学活性セラミド

使用方法
洗顔後のお手入れにご使用ください。コットンや手にたっぷり(500円玉くらいの大きさ)とり、お肌に十分になじませます。
※「TPNa」は昭和電工株式会社の登録商標です。

スーパー美白点滴療法

点滴ルーム

スーパービタミンCとともに、より強力なスーパー美白点滴を併用されますと短期間により一層の効果が得られます。
当院では、点滴療法学会と独自の知見をもとに、効果の点でも安全性の点でも、広く認められている5種類の成分を効率よく配合した点滴をご用意しています。
グルタチオンとビタミンCでメラニンの生成を抑え、Lシステインで皮膚のターンオーバーを促進することでメラニンの排泄を抑えるとともに、トラネキサム酸の美白効果に、ビタミンCで美白とコラーゲン再生を促しながらメラニンを分解、さらにビタミンCの400倍の抗酸化力をもつαリポ酸が抗酸化力を失った各種ビタミンの抗酸化力を復活、そのすべての有効成分を高容量で配合しています。
その効果は、美白、肝斑抑制、肌のきめ回復のほか、ダイエット、デトックス作用や疲労回復など多岐にわたります。

スーパー美白点滴S(スタンダード)

高濃度ビタミンC  5,000mg~
メラニン生成抑制、抗酸化作用、コラーゲン生成作用
ストレス・疲労回復効果

グルタチオン  600mg~
メラニン生成抑制、抗酸化作用、デトックス作用
抗アレルギー作用

トラネキサム酸  750mg~
美白効果
消炎作用

Lシステイン  160mg~
皮膚のターンオーバー促進、シミ・肌荒れを改善

αリポ酸  50mg~
ビタミンCの400倍の抗酸化力
他の抗酸化物質の抗酸化力を再生

※スーパー美白点滴に新成分が追加となり、一層肌を健やかにいざないます。

ビタミンB₂    30mg
皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生や、細胞を傷つけ老化の進行の一要因とされる過酸化脂質を分解、消去

ビタミンB₆    30mg
皮膚代謝の更新・脂漏性皮膚炎予防効果

ビタミンH    2mg
皮膚の抗炎症効果・皮膚や粘膜の正常状態の維持、湿疹や皮膚炎、にきびなどを改善し爪や髪の健康に深く関わっているビタミン

スーパー美白点滴(基準価格):8,000円
※ご希望により、各有効成分を増量できます。
 お気軽にお申し付けくださいませ。

治療期間
① 初期導入期間:2週間に1~3回程度の間隔で1~3カ月
② 維持療法期間:月に1~2回(皮膚のトラブルやさらなる効果をお求めの場合は、頻度を増やしてください)

スーパー美白点滴P(プレミア)
スーパー美白点滴

内容成分

  • 高濃度ビタミンC 7,500mg~
  • グルタチオン    1,000mg~
  • トラネキサム酸   1,000mg~
  • Lシステイン   240mg~
  • αリポ酸     75mg~
  • ビタミンB₂       30mg
    皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生や、細胞を傷つけ老化の進行の一要因とされる過酸化脂質を分解、消去
  • ビタミンB₆       30mg
    皮膚代謝の更新・脂漏性皮膚炎予防効果
  • ビタミンH      2mg
    皮膚の抗炎症効果・皮膚や粘膜の正常状態の維持、湿疹や皮膚炎、にきびなどを改善し爪や髪の健康に深く関わっているビタミン

スーパー美白点滴P(プレミア)(基準価格):11,000円
※ご希望により、各有効成分を増量できます。
 お気軽にお申し付けくださいませ。

治療期間
① 初期導入期間:2週間に1~3回程度の間隔で6カ月
② 維持療法期間:月に1~2回(増悪時はさらに頻度を上げる)

スーパー美白点滴

スーパービタミンCホームケア

「シミ・肝斑」「しわ・たるみ」「クマ・くすみ」「肌荒れ・乾燥」「毛穴トラブルシミ・肝斑の防止や美白のためのホームケアの仕方を説明します。

肌老化防止のためのホームケア

肌の老化を防ぐためには、紫外線から肌をしっかりガードすることが何より大切です。

日焼け止めは一年を通して塗りましょう。

さらにスーパービタミンC配合のローションや美容液などで美白ケアを。

このステップでスーパービタミンCを取り入れましょう

洗顔
⇒「AP5フェイスフォーム」適量(1~2cm位)を手にとり、 少しずつ水を加えながら良く泡立てます。マイルドな泡ができたら優しくお肌を洗います。水またはぬるま湯で十分に洗い流してください。

スーパービタミンC配合のローションを塗布
⇒脂性肌の方は、「AP5-03ローション」、全ての肌質の方、さらなる保湿や効果を求める方は「GO-VC®ローション」を洗顔後、コットンまたは手に適量(500円玉位)をとりお肌に十分なじませます。

スーパービタミンC配合の美容液やジェル塗布
⇒GO-VC®配合のスーパービタミンC 「GO-VC® モイスチャージェル」を塗布。

朝:AP5フェイスフォームで洗顔⇒GO-VC®ローションGO-VC®モイスチャージェル⇒両親媒性スーパービタミンC配合の日焼け止めマイルドUVジェル

夜:スーパービタミンCを配合したAPクリームクレンジングAP5フェイスフォームによる洗顔⇒GO-VC®ローションGO-VC®モイスチャージェルをたっぷりと!

≪+PLUS≫アンチエイジング・シワ・シミ・たるみ対策
GO-VC®ローションやGO-VC®モイスチャージェル⇒レチダーマACクリーム
夜の洗顔後に化粧水で肌を整えた後、1~2プッシュを手に取り気になる部分に優しくなじませてください。
目元のハリや口元の乾燥には、APPSクリーム シミ・肝斑・タルミを防ぐには、UVケアが肝心です!

≪+PLUS≫クマ・くすみ対策

朝は必ず両親媒性スーパービタミンC配合の日焼け止めマイルドUVジェルを忘れずに!

夜:スーパービタミンCを配合したAPクリームクレンジングを忘れずに!
GO-VC®配合のレチダーマACクリームAPPSクリームを目元やくすみの気になる部分に!

目のまわりのクマを防ぐアイクリームのなじませ方

目の下を薬指の腹で軽く押すようになじませると、血流も促進されて目元が明るい印象に。
ただし、力を入れすぎるとシワや色素沈着などの原因になるので気を付けましょう。 目のまわりのクマを防ぐアイクリームのなじませ方

≪+PLUS≫肌荒れ・乾燥のための保湿ケア

基本は、肌老化防止のためのホームケアで。
全身に使える高保湿ビオリッチクリームをたっぷりと。

目元のハリや口元の乾燥には、APPSクリーム
さらなる高機能保湿には、STIナノスフィアCⅡE(シートゥーイー)クリーム

乾燥、肌荒れを防ぐには、正しい保湿ケアを続けることが大切

肌を叩くようなパッティングやコットンを使ったゴシゴシ塗りは、
角層を傷つけ、バリア機能を低下させるもと。
手のひらでやさしくなじませて、潤いを浸透させましょう。 肌荒れ・乾燥のための保湿ケア

≪+PLUS≫毛穴トラブルには夜のクレンジングを丁寧に!

月に1~2度、夜の「AP5フェイスフォーム」洗顔のあとに、ピールローションで毛穴をふさぐ古い角質を除去しましょう。

毛穴トラブルを防ぐには、夜のクレンジングを丁寧に!

メイクを落とさずに寝てしまうと、メイク汚れが酸化して毛穴を詰まらせる一因に。
下のクレンジング剤の種類に合った使い方でメイクを浮かせたら、丁寧に洗い流しましょう。 毛穴トラブル

美白・アンチエイジングのための
 GO-VC®スーパービタミンCホームケアコスメのご案内

AP5フェイスフォーム100g  3,000円(税込)

天然由来の洗浄成分で泡持ちが良く、最後までクリーミーな泡がしっかりとお肌の余分な汚れを落とし、みずみずしい素肌へ導きます。スーパービタミンC誘導体が水道水中の塩素の刺激からお肌を守ります。

AP5フェイスフォーム

有効成分
テトラへキシルデカン酸アスコルビル/脂溶性ビタミンC誘導体
グリコシルトレハロース/保湿
グリチルリチン酸2K/刺激を抑える

使用方法
適量(1~2cm位)を手にとり、 少しずつ水を加えながら良く泡立てます。マイルドな泡ができたら優しくお肌を洗います。 水またはぬるま湯で十分に洗い流してください。

AP5-03ローション100ml  7,500円(税込)

即効型ビタミンC誘導体に高い抗酸化力を持つ亜鉛が加わりました。
ニキビやテカリ、べたつきが気になる方におすすめです。

AP5-03ローション

有効成分
SAP:アスコルビルリン酸Na/即効型ビタミンC誘導体
MAP:アスコルビルリン酸(Mg/亜鉛)/即効型ビタミンC誘導体
ヒアルロン酸Na/保湿

使用方法
洗顔後、コットンまたは手に適量(500円玉位)をとりお肌に十分なじませます。

GO-VC®APPプラスEローションGOプレミアム(GO-VC®ローション)100ml 8,500円(税込)

APPSTPNaに、新型両親媒性ビタミンC誘導体GO-VC®と光学活性セラミドを配合。
より高機能な肌ケアを実現します。

GOVC®APPプラスEローションGOプレミアム

有効成分
APPS:パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na/両親媒性ビタミンC誘導体
TPNa:トコフェリルリン酸Na/水溶性ビタミンE誘導体
GO-VC®カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸/両親媒性ビタミンC誘導体
光学活性セラミド

使用方法
洗顔後のお手入れにご使用ください。コットンや手にたっぷり(500円玉くらいの大きさ)とり、お肌に十分になじませます。
※「TPNa」は昭和電工株式会社の登録商標です。

保湿クリーム

スーパービタミンC保湿剤には主に顔用のGO-VC®モイスチャージェル、手足や全身用にAPビオリッチクリーム、目元・口元用にAPPSクリーム、特に顔専用の長時間作動性の高機能保湿剤STIナノスフィア®CⅡE(シートゥーイー)クリームをご用意しています。

GO-VC®モイスチャージェル50g  8,500円(税込)

ビタミンCに保湿剤としてグリセリンと抗菌作用のあるオクタノールが結合したGO-VC®配合のジェルです。アルブチンより強いメラニン産生抑制効果と赤み・ニキビに対する高い改善効果で透明感のあるなめらかな肌へ導きます。

GOVC®モイスチャージェル

有効成分
GO-VC®カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸/両親媒性ビタミンC誘導体
グリセリン/保湿

使用方法
洗顔後、化粧水・美容液等で整えた後、適量(パール粒1個分)をとりお肌になじませます。目元や口元など乾燥が気になる部分には重ねづけをおすすめします。

STIナノスフィアCⅡE(シートゥーイー)クリーム 35g  10,000円(税込)
STIナノスフィアCⅡE(シートゥーイー)クリーム

STI   S(Stay) T(Treatment) I(Inclusion)
STIは、
ナノカプセルに包接した美容成分を長時間お肌に滞在させトリートメントすることを目的に開発された今までにない美容化粧品です。

アイ・ティー・オー特許原料ナノスフィアを配合することで、美容成分の滞在時間をコントロールし、角質層の奥深くにまで浸透させることが可能になった最先端のエイジングケア化粧品です。

Nanosphere(ナノスフィア)の特徴
Nanosphere(ナノスフィア)とはビタミン誘導体ナノカプセルのことです。
この微粒子で美容成分を包むことによりイオン導入が可能となり、美容成分を安定させ、お肌への浸透を長時間化させることが可能になり、より一層の浸透力が実現出来るようになった画期的な誘導体です。

1 フリーラジカルバリア
両親媒性ビタミン誘導体を利用したナノカプセル包接体APPS、EPC、TPNa は両親媒性物質であり界面活性物質として脂質とともに利用することで液晶構造化させ、脂質類を内包することにより両親媒性ナノスフィアを皮膜剤としフリーラジカルバリアに覆われた脂質包接体(ナノスフィア)です。

2 安定化と変色現象の抑制
ナノスフィアの中ではAPPS 分子が安定化されるため変色現象が抑制されます。通常、美容成分はそのままの場合、時間の経過とともに成分が分解されたり変色しやすくなりますが、ナノスフィアに包まれることにより急激な成分の変化を抑えられます。APP 包接体に包まれることにより安定した状態でお肌への成分供給が可能となりました。

3 皮膚滞在時間の向上
ナノスフィアは皮膚組織内で過剰な濃度にならない為、刺激が起こりにくく、一定時間安定濃度を保ちます。
両親媒性ビタミン誘導体を利用したナノカプセル包接体が皮膚角質層に長くとどまり、効果が持続することで、美容成分がより深く確実にお肌に浸透します。

STIナノスフィアCⅡE(シートゥーイー)クリーム

2種類の両親媒性ビタミンC誘導体(GO-VC®+EPC/APPSと厳選したペプチドの美容成分をナノスフィアが長時間届ける新システム高機能保湿クリーム。
高浸透性・持続性の両親媒性スーパービタミンCにAPPSを高濃度に配合することで、即効性とさらなる高浸透性と持続性を持たせた贅沢なクリームです。

有効成分
EPCナノスフィア/TPNaとAPPS/EPCを殻とするナノマイクロビタミンカプセル
ペプチド/ハリ・弾力を守る
フラーレン/ラジカル消去
※「EPC」は千寿製薬株式会社の登録商標です。
※「TPNa」は昭和電工株式会社の登録商標です。

使用方法
朝晩の洗顔後に化粧水でお肌を整えた後、適量(パール1粒大位)を手に取りお肌全体に十分になじませます。乾燥する部分には重ね付けしてください。

APビオリッチクリーム110g   4,000円(税込)
APビオリッチクリーム

お肌のバリア機能である皮脂膜・細胞間脂質・天然保湿因子に着目した全身用高保湿クリームです。
乾燥によりデリケートになったお肌にうるおいを与え、外部刺激からお肌を守ります。なめらかなクリームタイプでオールシーズン使用できます。
主に敏感肌の方におすすめです。

有効成分
光学活性セラミド/保湿
ビオチン/整肌
パンテノール/ビタミンB5誘導体

使用方法
洗顔または入浴後のお肌になじませます。乾燥が気になる部分には重ねづけをおすすめします。

APPSクリーム 50g  6,500円(税込)
APPSクリーム

浸透型ビタミンC誘導体GO-VC®を贅沢に配合したスペシャルクリームです。目元や気になる部分にスポットケアとしてお使いください。全顔用クリームとしてもお使いいただけます。

有効成分
ルミチン酸アスコルビルリン酸3Na/GO-VC®両親媒性ビタミンC誘導体
ヒアルロン酸Na/保湿
リピジュア/保湿

使用方法
洗顔後、化粧水・美容液等で整えた後、適量(パール粒1個分)をとりお肌になじませます。目元や口元など乾燥が気になる部分には重ねづけをおすすめします。

マイルドUVジェル30g  3,000円(税込)

紫外線カット機能だけでなく、ブルーライトによる肌へのダメージをケアできる日焼け止めが登場。
新規両親媒性ビタミンC誘導体GO-VC®やコラーゲンの生成に関与するアミノ酸誘導体のナールスゲンを配合。
紫外線吸収剤フリー、クレンジング不要、お湯で流せるタイプの日焼け止め。
小さいお子様への使用もおすすめ。

マイルドUVジェル

有効成分
GO-VC®:カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸/両親媒性ビタミンC誘導体
カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル/アミノ酸誘導体
セネデスムスルベセンスエキス/ブルーライトダメージケア

使用方法
適量を手に取り肌にムラなく伸ばしてください。
使用量が少ないと、十分な紫外線防御効果が得られません。

APクリームクレンジング150g  3,000円(税込)

保湿クリームのようなうるおいを残しながら、メイク・皮脂汚れとなじみ、しっとりと洗い上げます。またスーパービタミンC誘導体が水道水中の塩素の刺激からお肌を守ります。

APクリームクレンジング

有効成分
GO-VC®:カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸/高浸透性安定型ビタミンC誘導体

使用方法
乾いた手に適量(さくらんぼ大位)をとり、顎・両頬・鼻・額などにおき、全体にやさしくのばし、マッサージするようによくなじませます。
クリームがスッと軽くなるまでなじんだら水またはぬるま湯で十分に洗い流してください。

レチダーマACクリーム15g  12,000円(税込)

レチノールはビタミンAの別名です。
レチノールを皮膚に塗ると表皮角層の細胞分裂が促進、表皮角質層が厚くなるとともに、角質層をコンパクトにする効果があります。また、肌のターンオーバーが進むことで皮膚のシミの原因であるメラニン色素が古い肌細胞とともに消えていきます。皮膚の角質層が薄くなることでニキビ跡が目立たなくなるとともに、肌の薬の効きが良くなり、さらに角栓が取れることでニキビが改善します。
GO-VC®配合のナノスフィア®にレチノール(ビタミンA)を包接したクリーム伸びの良いテクスチャーで全顔使用から部分使用までマルチにご使用いただけます。

レチダーマACクリーム

有効成分
ナノスフィア/TPNaとGO-VC®を殻とするマイクロナノカプセル
GO-VC®カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸/両親媒性ビタミンC誘導体
レチノール/ビタミンA

使用方法
品質保持のため冷蔵保存をお薦めします。冷蔵庫から出された後は室温で10分程度静置した後、ご使用ください。
夜の洗顔後に化粧水で肌を整えた後、1~2プッシュを手に取り気になる部分に優しくなじませてください。敏感肌など肌に刺激が出やすい方は、GO-VC®ローションもしくはGO-VC®モイスチャージェルを塗布してからご使用ください。

ピールローション 100ml  3,000円(税込)

マイルドタイプの角質ケアローションです。古い角質や余分な角質をAHA(グリコール酸・乳酸・リンゴ酸)が柔らかくし、お肌のざらつきやごわつきをケアします。くすみやニキビ、毛穴の気になる方にもおすすめです。次に使用する成分の浸透を良くします。

ピールローション

有効成分
グリコール酸、リンゴ酸/AHA成分、角質柔軟、ターンオーバー促進

使用方法
洗顔後、化粧水の前にご使用ください。コットンに適量(500円玉位)をとりお肌に十分なじませてください。

ページのトップへ戻る