むこうがおかクリニック

044-934-3217
トップ > 新型コロナウイルスPCR検査のご案内

新型コロナウイルスPCR検査のご案内  症状出たらすぐ検査!

新型コロナウイルスPCR検査(院内迅速)最短5分!で結果判明

従来の新型コロナウイルスPCR検査は最も早いものでも、40分を要しましたが、この度当院が導入した迅速PCR検査機器は、実用機として世界最速です。
陽性判定は5分、陰性確認(最終)でも13分です。
陰性一致率99.4%、陽性一致率95%、感度100%と、大手検査会社の精度と同等以上です。

≪検査の安全対策について≫

検査室内には、ウイルスの1/6の小さな粒子まで余さず補足するエアドッグ、人体に安全な0.01ppmの低濃度オゾン+紫外線滅菌機が設置されています。
検査終了毎に高濃度300ppmオゾンで殺菌、検査室内を完全滅菌させております。

新型コロナウイルスPCR検査(外注)  発症当日でも検査可能!

当院の院外外注による新型コロナウイルスPCR検査は、日本で一番検査精度が高く、なおかつ日本で一番結果報告が早い検査会社に依頼していますので、従来の一般的な院外外注による新型コロナウイルスPCR検査より1日早く結果がでます。
午前検査の方は、夕方5時に判明。
午後検査の方は、翌日13時に結果が判明します。

新型コロナウイルスPCR検査料

  有症または医師が必要と認めた方 自費の方 結果判明時刻 検体 精度





無料(公費)
但し、速報料金(+証明書込)として2,000円が必要です。
30,000円
(証明書料込)
グループ割引あり
13分 鼻咽頭 陰性一致率99.4%
陽性一致率95%
正確度99.8%





無料(公費)
証明書をご希望の場合は別途3,000円が必要です。
25,000円
(証明書料込)
グループ割引あり
午前検査:当日午後6時
午後検査:翌日午後2時(予定)
唾液 陰性一致率99.0%
陽性一致率95%
正確度99.0%

※精度・感度は、ほぼ同等です。
※迅速検査はご希望が多いため、院内迅速検査につきましては自費検査の方を優先とさせていただいております。

PCR検査とは

PCRとは、polymerase chain reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の略語です。
ポリメラーゼとはDNAやRNAというウイルスの遺伝子を構成する一部です。
PCR検査は、ある特殊な液体に検体を入れ、ウイルス遺伝子の特徴的な一部分を切り取り連鎖反応で増幅させる検査です。
患者様の検体に試薬を添加することで、新型コロナウイルスの一部分を見つけ、その部分を増幅させることで、極微量のウイルス量であっても判定が可能な検査です。

新型コロナウイルスPCR検査の正確性

今までの新型コロナウイルスPCR検査の陽性率(感染している人を調べた場合、陽性と出る確率)は70%程度でした。
また、陰性率(感染していない人を調べた場合、陰性と出る確率)は99%ほどと言われております。
つまり、感染していても30%の人は陰性として見過ごされてしまうことがあり(偽陰性)、感染していないにも拘らず1%の人は陽性として誤った診断を下されてしまうことがあります(擬陽性)。
しかし、当院の検査機器は、陽性率90%、陰性率は99.4%と画期的な精度を誇ります。
一方、抗原検査は発症から2~9日目にまでしか検査できません。特に無症状の方には抗原検査の適応はありません。
この発症日が不明確の方も多いのが現状ですので、抗原検査はその症状とともに検査のタイミングが難しいです。
新型コロナウイルスPCR検査では、発症日に関係なく症状が出た時点、初期より検査が可能です。

社会復帰の目安

新型コロナウイルスPCR検査が陽性の方はいつから感染から回復したと判断するとよいのでしょうか。米国医師会雑誌JAMAが発表した論文では、新型コロナウイルスPCR検査では喀痰や便からの検体だと最低でも1ヶ月以上陽性が持続します。1番期間が短い鼻腔からの検体も3週間は陽性となります。これはすでに感染性のないウイルスを検出しているおそれもあるので、新型コロナウイルスPCR検査での回復の判定は難しいということになります。
米国CDC(疾病予防管理センター)の方針では、医療従事者で新型コロナウイルスに感染した場合、発症後10日を経過して呼吸器症状や発熱が72時間みられなければ仕事復帰して良いとしています。

新型コロナウイルスPCR陽性と他人への感染性について

オックスフォード大学の研究論文によると、
症状発症から8日経つとPCR陽性でも他人にうつす感染性はなくなること。
PCR検査の核酸増幅操作サイクル回数によって陽性となる確率が変わるということ。
感染症学の定説として症状発症から7〜14日経過すれば人にうつす可能性はないと言われてました。
日本では、一般的に安全を見込んで発症後2週間経過してから外出が可能とされています。
アメリカでの研究報告では7日で十分感染性は無くなるとのことでした。
最新の研究結果でもPCR陽性でも発症から8日以降には人にうつす感染性はないと結論づけられました。
PCR検査の核酸増幅操作サイクル回数とは、微量なウイルス量をどれだけ増幅させるか、ということです。1サイクル回すとウイルス量は2倍になります。そのサイクルを何回行うかで、結果的に作られるウイルスの量も変わり、それによって陽性と判定されるかされないかが変わるようです。
アメリカなどの海外は35サイクルで、日本は40サイクルです。そのため日本の検査様式では32倍も多く検出されるということになります。
マスコミでは、最近陽性者の急増が騒がれていますが、このようにサイクル数が多い日本の検査では、感染していてもウイルス量がごく微量であるため他人に感染させる可能性がないにも拘らず、陽性⇒感染性あり、と判定される場合もあるということになりますね。逆に海外は陽性になりにくい、ということになります。
ですが、無症状でPCR陽性だからといって感染性が無い、と決めるのは時期尚早です。無症状でも感染性のある方は存在しますので他人への配慮を忘れてはなりません。
当院の迅速検査のサイクル数は、世界標準の37回です。
この点で、当院の迅速検査機器は、ご本人の感染の有無と他人への感染性の判断の両方に有効な唯一の検査機器です。

抗原検査   新型コロナウイルスPCR検査のスクリーニングとして

抗原検査とは

インフルエンザの簡易検査が抗原検査です。
鼻咽頭から検体を採取し、それに試薬を加えますと、15分で結果は出ます。
抗原検査は正確なのでしょうか?
インフルエンザウイルスの検査はかなりの確率で偽陰性や偽陽性が出ます(検査時に鼻出血を起こすとかなりの高確率で偽陽性となります)。つまり、感染していないのに陽性と出たり、感染しているのに陰性と出たりします。
新型コロナウイルスでも抗原検査はPCR検査と比べて少し正確性は劣るようです。
アメリカでは2020年5月10日より、日本では5月13日より抗原検査を開始しております。
抗原検査はPCR検査よりも正確性はやや劣りますが、何より15分で判定可能であることより臨床症状と合わせるとPCR検査を補う検査としては十分有用であると言えます。
すなわち、抗原検査はPCR検査の結果判明までを補完するスクリーニング検査としての位置付けです。
抗原検査が陰性の方では感染を否定出来ないため、症状に応じてPCR検査を行う必要があります。

抗体検査

抗体とは

抗体とはウイルスが体内に入ってきた時にウイルスを体内から除去しようと身体が作り出すタンパク質です。ウイルスに結合することでウイルスを排除します。抗原・ウイルスが体内に入ってから数日から数ヶ月して抗体が作られます。
抗体を体内に持つことで、再度同じウイルスが体内に入ってきても抗体がウイルスにくっついて排除してくれます。

抗体検査が陽性の意義

抗体検査が陽性だと、以前に新型コロナウイルスにかかったことが証明されます。
また今後、同じ新型コロナウイルスが入ってきても抗体が排除してくれるため感染しないとされてます。
アメリカ、ニューヨークでは20%の方が抗体陽性であったとのことです。これは発表されている感染者の数十倍に当たります。
つまり、感染していても気づかない軽症者がたくさんいるということになります。

抗体検査の正確性

2020年当初、中国製の抗体検査キットは陽性率が不正確だとして回収されました。
その後、製薬大手ロシュ社は、新型コロナウイルスにかかった方からの100%抗体陽性が見られた検査キットを開発しました。正確性はほぼ100%です。

新型コロナウイルス抗体検査の今後の活用の仕方

抗体検査を受けて結果が陰性の場合は、今後もなるべく人混みを避けて生活していく必要があるでしょう。
抗体検査結果が陽性の場合、免疫獲得により再感染の可能性は低くなります。
抗体検査は感染既往の有無と再感染の可能性(=社会復帰の目安の検査)を見るのに有効です。
新型コロナウイルスは、感染後数か月に亘りウイルスが検出され続けることもあるため、PCR検査は仕事復帰や感染性の目安とはしにくいですが、抗体検査で抗体があれば、仕事に出社しやすくなりますし人混みを避ける必要もなくなるでしょう。

新型コロナウイルスワクチン接種に関する一考察 うつべきか…?うたざるべきか…?

ワクチンとは

体内に侵入したウイルスを排除してくれる抗体を作るために、体内にさまざまな物質を取り込むものがワクチンです。
一般的には、注射によることが多いですが、粘膜吸収によるもの、もしくは経口摂取までさまざまです。
一般的には、正確には今回の新型コロナウイルスワクチン以前のワクチンは不活化または弱毒性生ワクチンといって、身体に害のない範囲で(これも十分怪しいですが)弱毒化したウイルスを体内に注入し抗体を産生させるものです。
新型コロナウイルスの場合も、免疫学上は、当然感染すると抗体が作られますが、抗体産生の時期、持続期間(一時的免疫なのか終生免疫なのか)、そして何より気になるところはワクチン接種により新型コロナウイルスに対する免疫が獲得できるのかは不明です。
事実、新型コロナウイルスの再感染の事実が続々と報告されています。
同様な事がワクチンについても言えます。
「インフルエンザワクチンを打ったのに、罹っちゃったよ」というお話しを、よく耳にされるかと思います。
新型コロナウイルスワクチンを打っておけば、万一罹っても軽症で済む、との保証もありません。
2020年12月8日にイギリスで、14日にはアメリカで新型コロナウイルスに対するワクチンの接種が始まりました。これに先立って行われた臨床試験では、90%以上の発症予防効果が確認されたということです。このことから、コロナ禍を脱出するための切り札になるかもしれないという期待が、否が応でも高まっています。
ただ今回のワクチンは、トランプ大統領の言葉を借りれば「ワープ・スピード」で開発されたものです。ファイザー社のワクチンの臨床試験で、最も早く2回目の接種をした人でも、まだ4、5カ月しか経過していません。
従来のワクチン開発では、有効性と長期的な安全性の確認のため、一般にワクチンの開発は10年必要と言われています。
このようなことから、免疫の専門家をはじめワクチン開発の専門家は、今回の新型コロナウイルスワクチン開発は拙速であり、安全性が確認されるまで自分や家族は接種しないと明言される方が多いようです。イギリスのワクチン承認について、EUの医薬品の規制当局からは懸念が示されています。
新型コロナウイルスという未曽有の災禍において、新型コロナウイルスワクチンが強力な武器になることは間違いないでしょう。ただ新型コロナウイルスワクチンを有効に使いこなすためには、新型コロナウイルスワクチンとは何か、そして今回の新型コロナウイルスワクチンではどのような点に気をつけなければいけないかを知っておくことが重要です。

子宮頸がんワクチンの副作用

報道される、ワクチン接種後に重篤なアレルギー症状が出たというのは、さほど大きな問題ではありません。
接種後の重篤なアレルギー症状というのは、いわゆるアナフィラキシーショックです。
これはワクチンに限らず、蕎麦を食べても起きるもので、適切な医療処置で事なきを得ます。
しかし、本当に怖いのは、不可逆的な副作用であったり、何年も先に起きる副作用、例えば神経や免疫機能、膠原病などです。
記憶に新しいワクチンの重篤な副作用としては子宮頸がんワクチンの事例を思い出される方も多いでしょう。
子宮頸がんワクチンは2013年に定期接種となりましたが、その後副作用の可能性がマスコミで大々的に報道され『積極的勧奨の中止』となっています。当時、子宮頸がんワクチンの副作用で歩けなくなった・計算ができない・痙攣するなどの症状を訴える車いすの少女たちの衝撃的な映像が連日マスコミにより報道されました。

厚生労働省の調査の見解

マスコミで報道されたような多様な症状の原因が子宮頸がんワクチンであるという科学的証拠がなく、子宮頸がんワクチンとの関連は否定しています。

WHOや学会の見解

有害事象は国内外890万回接種で副反応疑いが0.03%の2584人で、うち186人に通院を要する未回復な状態があり、10万回接種で2人になります。またフランス等で実施された再調査ではテレビ等で報道されていた複合性局所疼痛症候群(CRPS)や体位性起立頻拍症候群(POTS)、自己免疫疾患の発生率は本ワクチン接種者と一般集団で差がみられないことが示されています。
WHOは子宮頸癌ワクチンの『積極的接種勧奨の中止』により若い女性たちが本来予防可能なHPV関連癌の危険にさらされたままになっており、不十分なエビデンスにもとづく政策決定は安全かつ効果的なワクチン使用の欠如につながり真の被害をもたらす可能性があると意見しています。いわゆるワクチン推奨派です。

日本小児科学会、日本産婦人科学会、日本ワクチン学会はじめとした複数の学会

2013年6月より、『積極的接種勧奨の中止』がなされているが、HPVワクチンの有害事象の実態把握と解析、接種後に生じた症状に対する報告体制と診療・相談体制の確立、健康被害を受けた被接種者に対する救済などの対策が講じられたことを受けて、積極的接種を推奨するとしています。

さて、みなさまはどう判断なさるでしょうか?

新型コロナウイルスにワクチンは有効か?

この1年、世界中で新型コロナウイルス感染者の疫学研究の中で、新型コロナウイルスには、他のウイルス性疾患とは異なる奇妙な現象が確認されています。

① 重症化した患者ほど、体内の抗体量が高い。
本来、抗体が多いのなら、それだけウイルスを撃退しているはずなのに、実際は重症化している。それはつまり、抗体獲得は新型コロナウイルスからの回復にあまり寄与しない可能性を示唆しています。

② 新型コロナに対する抗体については、アメリカやイギリスでの大規模研究から、少なくとも5カ月間は十分な量の抗体が存在し続けることが判明しています。
一方、感染者体内の抗体の種類や量を詳細に解析した研究では、抗体が急速に減ってしまう場合や数カ月以上大量の抗体を持ち続ける場合など、一定の傾向が認められないことが分かっています。

このような結果から、感染しても半年程度の抗体持続、通常、自然感染のほうが抗体産生は確実なので、ワクチンの場合は、それより弱い可能性が高いため、新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体持続期間は短く、かつその持続期間も個人差があるのでは?と危惧されています。
抗体は本来、回復後も体内に残り続けることで次の感染を防いでくれます。それが消えてしまうケースがあるということは、残念ながらこう言わざるを得ません。
「新型コロナウイルスワクチンで抗体をつくっても感染予防に寄与しない」可能性があるようです。

新型コロナ「再感染」の事例

これを裏付ける事実として、いちど新型コロナに感染した人が、数カ月後に再度感染したという事例が出始めているのです。再感染の事実は、新型コロナウイルスに関しては初回感染で産生された抗体量が減少または抗体量が持続しない可能性を示唆しています。
一般的なウイルス感染でも、感染は最初の感染から6カ月くらいから確認され始めることが分かっており、医療の現場でも体感上経験するところです。
新型コロナウイルスも従来の風邪の原因であるコロナウイルスである以上、同様の傾向を示す可能性が高いと考えられています。
欧米での感染拡大が始まってからまだ1年、ワクチンを2回接種を終えた人でも、まだ4、5カ月しか経過していません。このことから再感染がどの程度発生するかについては、十分に注視していく必要があります。
すでに新型コロナウイルス変異株が続々報告されています。そのため新型コロナウイルス感染やワクチンにより抗体が産生されても、時間がたつとウイルスが変化してしまい、その抗体が効かなくなる可能性が高いのです。
現在、日本で天然痘ワクチンであるワクシニアウイルスをさらに弱毒化したウイルスに、新型コロナウイルスの遺伝子を導入した組換え生ワクチン、ワクシニアウイルスベクターワクチンが開発されつつあります。
このワクチンは、天然痘ワクチンと同様に終生免疫獲得可能と期待され、全世界で一斉に接種すれば撲滅も可能と期待されます。
また、これまで重篤な副作用が報告されていません。

それまでは、おそらく現行新型コロナウイルスワクチンはインフルエンザワクチンと一緒に毎年受ける必要があるでしょう。

ワクチンの発症予防効果と感染予防効果?

新型コロナウイルスワクチン効果に関しては、予防効果が90%以上あったとの報告がありますが、この効果は新型コロナウイルスを発症した人の抑制数で、感染した人の抑制数ではありません。
新型コロナウイルスは、感染しても必ずしも発症するわけではなく、何より怖いのは無症状でも人に感染させるのです。新型コロナウイルスワクチンによって無症状の感染者が増えると、重症化リスクのある人の感染リスクを高めてしまう可能性があります。
感染予防効果の確認にはワクチンを接種した人に、何回もPCR検査を行って感染していないことを確かめる必要があり膨大な金・労力と時間が必要で、現実的には困難です。
いま言えることは、いちど感染したから、あるいは新型コロナウイルスワクチンを接種したからといって油断してはいけないということです。再感染のリスクはゼロではなく、無症状感染することで知らぬ間に感染拡大の手助けをしてしまう可能性があるのです。

新技術のmRNAワクチンは慎重な見極めが必要?

現在主流の新型コロナウイルスワクチンは、これまで使われたことのない、まったく新しい種類のワクチンです。
これまでのワクチンは、弱毒化あるいは死滅させた菌や、ウイルス、細菌の一部分を精製して作ったものがほとんどです。今回の新型コロナウイルスワクチンは、これまでとは全く異なり、核酸であるmRNA(ウイルスの一部である分子の設計図)を使った初めてのものです。
mRNAをワクチンとして接種すると、細胞内でウイルス分子に変換されて、それに対する免疫反応が起きて、抗体が産生されるようになるのです。
mRNAワクチンについては、人で発症予防効果がいつまで続くかについて長期的に調べた研究はなく、どのような副反応が起こるのかについても十分にはわかっていません。
mRNAワクチンの有用性については、慎重に見極めていく必要があります。
欧米で接種の始まったファイザー社の新型コロナウイルスワクチンについては、臨床研究では90%を超える人で発症抑制効果が認められています。認可の基準は50%ですから、これは非常に強力な効果です。
さらに驚くべきことに、病原体の一部を使うワクチンでは疫系を活性化させるアジュバントという物質を添加しますが、mRNAワクチンには入っていません。
mRNAワクチンは、細胞内のTLR7という分子に結合して、免疫を活性化することによりアジュバント効果を発揮すると考えられます。これによりワクチンの効果を高めていると考えられます。

強力なワクチン効果と副反応は表裏

生命体は細菌やウイルスなどの病原体の侵入と感染を探知し反撃するため、自然免疫システムという先天的に備わる防御機構を発達させてきました。Toll様受容体(Toll-like receptor, TLR)は多くの動物にある自然免疫受容体の一つであり、自然免疫システムにおいて中心的な役割を果たしています。ヒトでは10種類のTLRが発現されており、そのうちのTLR7は一本鎖RNAの受容体として知られ、ヒト免疫不全ウイルス、インフルエンザウイルスおよびコロナウイルスなどが引き起こす感染症に深く関与しています。この機能が失われている人では、新型コロナの重症化リスクが非常に高いことが報告されています。またTLR7を刺激するとウイルスの初期の排除に重要な自然免疫が活性化され、重症化に関わっているサイトカインストームを抑制するレギュラトリーT細胞が増えます。
このことから、mRNAワクチンによる新型コロナウイルスの発症抑制効果は、ウイルス特異的な抗体だけではなく、mRNAによる自然免疫の活性化も関わっていると考えられます。もしそうであれば、mRNAワクチンによる免疫の活性化は一過性で、長期間の効果の継続は難しいと思われます。
さらにmRNAの免疫活性を強力に高める作用は、ワクチンの効果を増強すると同時に、副反応のリスクも秘めています。実際、TLR7を刺激して免疫反応を活性化する物質が、人では皮膚炎症を起こすことや、動物で自己免疫疾患を誘導することが報告されています。
2020年12月に始まった新型コロナウイルスワクチンの接種では、数十名の医療従事者が激しいアレルギー症状であるアナフィラキシー反応を示しました。
まだ原因は解明されていませんが、mRNAそのものの免疫を活性化する作用が関わっている可能性は否定できません。
このアナフィラキシーの頻度は、他のワクチンに比べて10倍以上高いものです。mRNAワクチンを接種する場合は、免疫の過剰反応には十分気をつける必要があります。

接種に過剰な期待を持たず、感染対策の徹底を

これまで発表されているファイザー社およびモデルナ社のmRNAワクチン、そしてアストラゼネカ社のウイルスベクターワクチンの効果は、期待を大きく上回るものです。ただいずれのワクチンもこれまでにない種類のものであり、どのようなメカニズムで発症を抑制しているのか、長期的な副反応は大丈夫かといったことは、不明です。
新型コロナウイルスによる死亡者が30万人を超えているアメリカなど諸外国は、これ以上の感染拡大を防ぐためには、新型コロナウイルスワクチンに頼らざるを得ない状況になっています。ワープ・スピードでの新型コロナウイルスワクチン承認は、致し方ないと言えるでしょう。
幸いなことに日本では、新型コロナウイルスによる死亡者数は、アメリカの数十分の1に留まっています。新型コロナウイルスワクチン接種のメリットが副反応のリスクを上回るのかについては、十分見極める必要があります。
日本でもまもなく新型コロナウイルスワクチンの接種が開始されますが、十分に先行国のデータを解析して、安心して新型コロナウイルスワクチンを接種できる体制が整ったか判断したうえで、接種するか決めても遅くないでしょう。
それまでは、これまで通り、新型コロナウイルスの感染対策の徹底を心がけましょう。
適切な新型コロナウイルス対策のためには、自分がどれだけの重症化リスクを抱えているかを新型コロナウイルスPCR検査および抗体検査によって知ることが大切です。
リスクの高い人は特に感染予防を心がけ、感染してしまった場合はすぐに治療を開始するようにすることが有効です。
そのためには、新型コロナウイルスPCR検査と抗原検査を適時有効に利用しましょう。
有効かつ安全な特効薬が開発されるその日まで、また100年前のスペイン風邪のように免疫学的自然終息が訪れるその日まで、十分な感染予防対策が必要でしょう。

港で待つ女…

ちょっと演歌チックですが、ある専門家が私にこう呟きました。

大勢の人々が希望を胸に船に乗り込む。
私の大事な人も…
でも、私は、桟橋で船出を見送る…
多くの人々がワクチンを打って(副作用に苦しんだとしても)、それで町からウイルスが消えれば、私は打つ必要がないワ…(そう言って、彼女はペロリと舌を出した…)

信じるも信じないのも…あなた次第です…

ページのトップへ戻る